天才!成功する人々の法則

成功は個人の優秀さではなく外的要因に由来することが多い。

→それを自分でコントロールするべきであり、情報社会により情報格差がなくなったため、平等な土俵に立ちやすい。この戦略が今後の進路を分ける。

 

1万時間の法則はほぼ正確であり、成功者は圧倒的な努力をしている。自己の経験を振り返っても、意外と普通の人は怠ける。自分を追い詰めれる人は少ない。どれだけ早く1万時間を積むかが大事。

 

・初めに良い立場に立てば、機会に恵まれて格差はどんどん拡がっていく。勝ち組、負け組の二極化が怒る理由。

 

・基準点以上の知能を持っていれば成功と比例しない

バスケットと同じで一定以上の身長があれば後は別の知能外の要素で決まる。

 

・「誰に何を言うかを理解し、どのタイミングで言うか、そして、どのように言えば最大の効果があるかも承知している」実践的知能と一般的知能は二律背反である。

 

・実践的知能を得るためには、コミュニティでの活動が不可欠。

「成功者は1人では成功しない」

 

・満足のいく仕事に求められるもの

自主性、複雑さ、努力に見合う報酬

 

・成功は文化にも左右される

休暇をどういう風に取るべきか

A:MADまでのスタンス

シリコンバレーに行きたい→シリコンバレーにすぐ行く

考え方:行動主義、行動する中で良い悪いが選別されて行動の最適化も起こり物事がスムーズに進む

<メリット>

・やる気、行動力を買われて、上手くいく場合・経験が多い

・時間の節約になる

<デメリット>

・結局入った後に戦略がなくて困ってしまうケースが多い

・自分は過去の自分を分析できていない

 

B:NAPからのビジネスパーソンとしてのスタンス

シリコンバレーに行きたい→シリコンバレーでより良い立場になるためにはどうするべきか→何かを利用して戦略的行動を立てる

 

<メリット>

 

<デメリット>

・すぐ行動しないと結局行動しない場合がある

 

 

この戦略性の思考を短時間でして、AとBの両方を手に入れる。

そのためには、Bを初めは時間がかかるかもしれないが丁寧にやっていって、時間を高めるしかない。

 

終わったら、人に相談しまくって、承認を得る。

 

 

 

自分を売り込みに行く。
就活しに行くスタンス。
 
準備物
・自分がすごい奴に見えるホームページ
→ネタを考える
コンペ、自分の作品、ワーク経歴、学歴
 
・自信のある英語
→Rare jobで考える
 
・クリエイティブな名刺
→普段から考える
 
 
行く日にち
・7-9月の間のイベントがある日にち
・仕事が落ち着く日にち
・航空券が安い時
自分を売り込みに行く。
就活しに行くスタンス。
 
準備物
・自分がすごい奴に見えるホームページ
→ネタを考える
コンペ、自分の作品、ワーク経歴、学歴
 
・自信のある英語
→Rare jobで考える
 
・クリエイティブな名刺
→普段から考える
 
 
行く日にち
・7-9月の間のイベントがある日にち
・仕事が落ち着く日にち
・航空券が安い時
 
シリコンバレー行った人、行く人に聞く
 
第一線を行っている人が見ているものを狙いに行く、決して、現実に現れている第一線の人を見ても追いつかない。

栄養学

筋トレをすると、筋肉がどのようにすれば肥大するかを考えるようになる。

 

筋肥大を考えると、栄養を考えるようになる。

 

栄養を考えると食事について考えるようになる。

 

食事について考えると、何気ない食事の栄養素が気になるようになる。

 

栄養素を考えると食事内容が決まる。

 

最適化された食事が出来る。

NAPで学ぶこと

NAPでは、

仕事の進め方・クライアントとの振る舞い・リア充になり方を学ぶ。

やっぱり学術的ではないよ。NAPは。捨ててる。商業的すぎて、なんか物足りなさを覚える。

 

坂、Noizに移りたい。

チェックすべきこと

Gehry, Zaha, Mad, OMA, BIGが考えていることを理解したい。

 

日本でそこに追おうとしているのは、

Noiz:分野横断的なものに頼る。現代の情報文脈からの思想。

坂事務:木を用いつつ、新しいマテリアルを作ろうとする。木の三次局面を用いるのが和文脈の現代的解釈に繋がる。

だと思う。

 

また、team labも会社の構造として可能性を感じる。

これらの事務所の展望を理解したい。

彼らの考えは必ず自分の脳の一部として機能する。

 

 

メタボリズムについても、つまり新しいことを唱えようとして失敗した先人のことを理解しておくことは非常に重要。自分も新しい運動を作るのだから。

お土産も特別感

一通り全員に配った後に

小さくても良いから違うものを配ると

特別感を感じる。