乃木坂46感想/分析

乃木坂にはまる経緯・見方の変化

コロナ外出自粛期間に家にいる時間が長くなり、無料で乃木坂の冠番組を全て見れるサイトを発見してはまる。「乃木坂工事中」・「乃木坂ってどこ?」・「NOGIBINGO」をほとんど見る。3連休は1日6時間睡眠でぶっ続けで見る。

見る度に見方が変わってくる。最初は白石しか知らなかったが、まず人気メンバーの解像度が高くなり、不人気メンバーの解像度が高くなる。また、メンバーの性格や番組内の文脈を理解すると、反応を予想したりメンバーの関係性を踏まえた見方ができて面白くなってくる。

 

何が面白いのか

・成長物語

中学生からのメンバーもいるから、反抗期・成長期の変化がある。例えば、生田のIH事件からの料理の成長、コメント力の成長がある。これはインスタグラム・Twitterにも応用できる。

・表情が面白い。

人気メンバー(白石/生田/松村/秋元/堀など)は総じて泣く時の表情、リアクションが上手い。苦手の虫を触ったりする時の反応が面白い。はねない人はリアクションが上手くない。

 

考えたこと

・アイドルは、恋愛禁止であること/グループ活動の時間がかかること/個人での活動の方がお金が稼げるため、売れている売れていないに長期間個人が続けることは難しい。そのため、アイドルは時間が経てば人気メンバーが卒業し、人気がなくなる。AKB48は露骨にその傾向があるので、それを避けて早い段階で3期生4期生から人気メンバーを出すようにしているように見える。実際、3期メンバーからも人気メンバーが出ており、上手くいっているように見える。

 

・アイドルが卒業後の芸能界の第一線で仕事ができるのは全体の1割ぐらいの印象だが、乃木坂は卒業後も別のKpopグループやタレント、アナウンサー、女優、モデルなどでの活躍が多く卒業後も優秀な印象。大学進学者も早稲田や慶応が多い。

 

・メンバーは1/1000以上のオーディションから選ばれた逸材。比較対象がないから分からないんだよね。高校の時にかわいいと言われていた人が横に並ぶとバラエティー班(中田/和田)よりもブサイクに見えるのかな。

 

・今までアイドルにはまったことはなかったが、ファンの気持ちがわかる。

J-FACILITY中目黒 平安51 / 高松伸 / ★★

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------

所在地:〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目5−8 153 0061 丁目

竣工年:1989

プログラム:オフィス

構造様式:鉄骨造

---------------------------------------------------------------------------------------

・パット見の印象

・構成/仕上げの印象

・建築家の作品群の文脈としての立ち位置

・使われ方/アクティビティーのイメージ

タキゲン本社ビル / 高松伸 / ★★★

 f:id:hiroo-a744:20200530122057j:plain

f:id:hiroo-a744:20200530122108j:plain

-------------------------------------------------------------------------------------

作品HP:http://www.takamatsu.co.jp/projects/details.php?id=133

所在地:東京都品川区五反田

竣工年:2014

プログラム:オフィス

構造様式:鉄骨造

延床面積:4614㎡

-------------------------------------------------------------------------------------

高松伸の後期(1990年以降)の作品であるため、比較的一般的なボリューム・外装であるが、ディテールは高松らしい機械的で鋭利なものになっている。

大きなガラスボックスにコンクリートの重たい庇を持ち出され、手動式縦軸回転ルーバーはガラスの内側に設けられる。ルーバーを内側に設けるのは珍しい操作のように感じる。内側に設置するメリット・デメリットを下記にまとめてみた。

メリット

①手動での回転が可能

②雨仕舞などのディテールの煩雑さがなくなる

③内部空間への大きな影響

④カーテンやロールスクリーンが不要

デメリット

①床面積が少なくなる

②窓の開閉が面倒

③清掃が面倒

④外部へのルーバーの意匠的な影響が少ない

外部に用いる場合が多いが、内部にルーバーを配置するのも悪くないように感じてくる。

外部の手摺、外部建具、ドアハンドル、庇は鋭利で機械的な形態を用いられる。本建築物のように部分的に突飛な意匠を用いる方が上品さを感じる。ただ、鋭利で機械的な形態が使いやすさに直結することはないだろうから、使い手を選ぶような建築・コンセプトであることは否定できない。

-------------------------------------------------------------------------------------

計画過程における設計者に対するクライアントの要請は大きくは次の2点に集約されたと言って良い。第一に創業者が経営哲学として掲げるところの「三位一体の精神」即ち、「社員」「社員の家族」そして生産を司るところの「協力工場」が一体となってこそ企業の持続的な成長が可能であるという理念を建築として実現すること。第二に3.11の経験を踏まえ、なによりも社員の命を守る建築を実現すること。

第一の要請はある意味象徴的な課題であったと言えよう。それに応うるにあたり、設計者は「家」という概念的かつ具体的表徴を設定した。つまるところ社を支え、社によって支えられるところの全ての人々がともに暮らす「大きなひとつの家」の如き建築である。全階ほとんどワンルームの如き開放的な平面計画、主として自然素材を用いたぬくもりに満ちた内装材の開発、手動式縦軸回転ルーバーなどは、ややもすれば冗漫になりかねない設計過程を「家」という表象の原点に繰り返し回帰せしめることによって見出した解法であると言ってよい。特に、タキゲンが考案したベアリング内蔵角度設定回転軸受によって指一本で開閉角度を調整することが可能となった全周748枚の木質回転ルーバーは、各自が自由に光をデザインすることによって、まるで家の中でひとりひとりが思い思いに自分の場所と空間を紡ぐが如き効果を生み出す結果になったという意味では第一の要請に対する具体的かつ技術的成果があったとの自負がある。

第二の要請はより現実的で切実である。従って、その課題への応答は、各階コア部分における制震構造の採用、最適化プログラムを用いた耐震強度と構造体の軽量化の追求、耐震クリップ工法による天井下地や設備機器の落下防止、浸水を防ぐ防潮堤の設置、災害時の社内待機を想定した備蓄スペースの確保、全店への指令拠点機能維持のための自家発電設備の装備など、具体的かつ多岐に及んでいる。加えてこれらの処法の全てがクライアントによって繰り返し検証され、常に自ら掲げた要請に立ち返りつつクライアント自身によって決定されたということはここに特筆すべきであろう。

竣工の日、件の回転ルーバーから洩れる光に華やぐ和服に身を包んだクライアントの一言が、今も我々の耳に木霊している。「社員が毎日ワクワク生活できるような社屋をつくっていただきました。」さて、「社屋」という言葉が、どうしても「家」という言葉に聞こえてしまうのは、我々の思い込みの強さの成せる業であろうか。ともあれ、優しく強く、そして時の移ろいの中でまるで光を呼吸するような建築がひとまず産声をあげた。その誕生を手伝った者としては、ここで営まれ、綴られるひとつの家族の物語を是非とも見守り続けていきたいものである。

 

不動前ハウス / 常山未央 mnm / ★★★

f:id:hiroo-a744:20200529152214p:plain

f:id:hiroo-a744:20200529152232j:plain

--------------------------------------------------------------------------------------

作品HP:https://studio-mnm.com/projects/houseforsevenpeople/

https://shinkenchiku-data.com/articles/SK_2014_02_136-0

https://architecturephoto.net/32296/

所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田3丁目12

竣工年:2013

プログラム:シェアハウス

構造様式

主体構造(既存)  1階鉄骨造 2階木造
基礎(既存)  ベタ基礎

敷地面積:105.56m2
建築面積: 77.77m2
延床面積:146.74m2

外部仕上げ

屋根 既存カラー鋼板瓦棒葺き 一部補修
外壁 一部新規モルタルの上SOP塗装(E45-90A)
開口部 一部木製サッシ新設
外構 既存コンクリート刷毛仕上げの上SOP塗装(E45-90A)
テント
フレーム 中古単管パイプ
パイプジョイント(ジョイント工業:かん太)
テント生地(ダイニック:マース,e-sheet500)

内部仕上げ

リビング
床 既存コンクリート刷毛仕上げの上EP塗装(E45-90A)
壁 既存波板の上EP塗装(E45-90A)
天井 既存デッキプレートの上EP塗装(E45-90A)
個室
床・壁・天井 構造用合板 t=12mmの上UC塗装
縁側
床 構造用合板 t=12mmの上UC塗装(E90
壁・天井 構造用合板 t=12mmの上EP塗装(E90
浴室
床 珪酸カルシウム板 t=12mmの上EP塗装(E90
壁 モザイクタイル白 25mm角
天井 構造用合板 t=12mmの上UC塗装(E90

家賃

75,000~90,000+共益費15,000

--------------------------------------------------------------------------------------

7人が住む家
不動前駅から徒歩3分、目黒川にほど近い路地を入ると、四方を中層のビルに囲まれたアーバンヴィレッジにぽつりと取り残されたように建っている築37年の1階が鉄骨造、2階が木造の住宅を改修する計画である。7人が一つの家をシェアして住むことにより、大きなリビング、寝そべられるバスタブ、広いキッチン、緑が生い茂る庭など一人で住むのでは得がたい豊かな住空間を都心に持つことが可能になる。

リビングシェア
寝室を最小限にし、大きなリビングを確保することで、いっぺんにたくさんの人が利用でき、よりパブリックな性格をもつようになる。近隣の人が野菜をわけてくれに来たり、一画を利用してミーテイングをしたり、教室を開いたり、カフェや図書館とは違い、家に属することで個人的な要求にも対応しうる、柔軟で寛容なサードプレイスになっていく。周辺で働く人、学ぶ人をもどんどん取り込んでいけば、希薄になった地域のコミュニティを新しく育む場になる。

縁側シェア
既存の開口部には手を加えずに、外壁側にぐるりと廊下を回して寝室を配置すると、縁側のような空間が生まれる。寝室は縁側を介して採光を確保しているので、自然とそちらに生活がはみだしていく。そこには洗濯物を干してもいいし、窓辺に腰掛けて本を読んでもよい。共用部と個室の境界が曖昧になり、それぞれの住人が縁側で過ごす時間が多いほど、他の住人の生活と重なって、より開けひろげでラフな関わり合いを持つ家シェアとなる。

第一印象

入り口までの道が幅3m程度で分かりづらく、本建築物を見つけるまでに時間がかかった。外壁には蔦が茂り、外部階段・軒裏のSOP塗装が剥げており、廃墟のような印象。また、四方が中高層建築物に囲まれ、隣地の駐車場が建物に用途変更されたため、日当たりが悪くなり、暗い雰囲気の印象がぬぐえない。2階テラスの単管パイプ+テントも汚れており、工事中のような雰囲気を醸し出している。竣工から7年という時間の流れを感じるとともに、メンテンナンスの大事さを感じずにはいられない。

外からうっすら見えた内観は洗濯物などあり生活感を感じさせる。カーテンと家具によって区切られ多様なアクティビティーが期待される1階、寝室を内側にとり外廊を共用空間とした2階が気持ち良い空間になるのではないかと想像される。低コストでの妥当な平面計画・素材選定はこれを最低限として今後生かしたい。

mnmの初期の作品で、この物件をきっかけにシェアハウス・ゲストハウスの改修の仕事が増えたのではないかと想像される。施工費・立地が恵まれなかったが、その中では理に適った設計ではないだろうか。

社会人として必要な「聞く力・話す力」の高め方 / 高梨敬一郎 / ★★★★

表題の通り、社会人が必要な聞く力と話す力について、論理力・表現力・理解力・対応力に分類し、それぞれの力の高め方を説明する。

話上手の決めては情報の多さとその整理。会話で大事なのは話し合うことではなく、聴き合うこと。

本書では、会話四力を下記のように定義している。

論理力:何を言いたいのかを明確にしその結論を聞き手に理解してもらうためにはどのような脈絡で話したらいいかを考える力

表現力:思い・考え・意見・感想などを明確に伝えるために求められる力

理解力:雑念を入れず、人の話を十分聴ける力

対応力:相手からの返答に足して適切に返答する力

 

論理力を高める

 ・「①改まった場で②限られた時間の中で③1つのテーマに絞って、④整理された内容を⑤聴き手に正しく伝わるように話すこと」がパブリック・スピーキングで求められる。

<注意すべきこと>

・「結論→説明」の癖を習慣化する

・基本は5W1Hを明確化した話し方が聴手に正しく伝わる話し方

・複数の意味で捉えられる形容詞/福祉は避ける

<習慣化すべきこと>

・自分情報/外部情報を書き、整理することで、体験/情報をストックする。

→人前で緊張する理由は整理された情報を持っていないから。整理された十分な情報のストックがあれば、緊張しない。 

 

表現力を高める

・話の目的/話す場/誰に話すのか/自分の役割を意識して聴き手に伝わるように話すことが求められる。

<注意すべきこと>

・結起承転結、見出し→具体例→まとめの話し方をする。結論ファースト

・事実/意見/感想は区別して話して聴き手の混乱を避ける

<習慣化すべきこと>

・相手の目を見て話してきちんと伝わっているかを確認する

 

理解力を高める

 <注意すべきこと>

・映像化しながら聴くこと

・肩の線を話し手に向け、相手の目を見て話を聴く

 

<習慣化すべきこと>

 ・文字から映像化する力をつけ、語彙力を増やすためには読書が必須。ラジオでも良い。

・話手の主題を早くみつけるため、質問することを前提に聴く。

・事実/意見/感想を区別して聴く。

・不明点があればすぐ調べる。

・メモを見出しを付けながら取り、整理しながら話を聴く。

 

 

 

対応力を高める

THE Tender House / 乃村工藝社(デザイン監修・基本計画・内装設計)+竹中工務店 / ★★

f:id:hiroo-a744:20200527192433j:plain

------------------------------------------------------------------------------------

作品HP:https://www.nomurakougei.co.jp/achievements/detail/8

所在地:東京都港区白金台

竣工年:2015

プログラム:レストラン・宴会場・ウェディング

構造様式:鉄骨造

施工:竹中工務店

GRC工事:旭ビルウォール

ファサード:実物の大谷石から型取りしたグラスファイバー入りプレ鉄筋コンクリート(GRC)の上フッ素樹脂塗装

------------------------------------------------------------------------------------

近隣の日常的な風景や西日を柔らかく遮りながら、吹き抜ける風と採光を建築に取り込むことを狙い、ヌケ感と遮蔽のための折石形状と光と風に侵食されたような重厚感のある素材感としている。

だが、NAPへの通勤経路であったが存在に気づかなかったのが正直な所。重厚感のあるファサードで施工やディテールへのスタディが大変であっただろうと想像されるが、圧倒的なものは感じない。これは自分自身が細く消していく建築を良しとする最近の建築に影響を受けているかもしれない。そもそもファサードというとって付けたものを重厚感のあるものにする操作が好きではないのかもしれない。内部空間にどのような影響を与えているかが気になる。

折石風にする型枠は大谷石を鉄板の表面に敷いたのかな?折石の形状は横2列合わせて非常用進入口が開くようにできている。順位調整器によって、片方が開きもう片方が開くようになっている。

紫雲山 瑞聖寺庫裏 / 隈研吾 /★★★

f:id:hiroo-a744:20200528171959j:plain

------------------------------------------------------------------------------------

作品HP:https://kkaa.co.jp/works/architecture/zuishoji-temple/

所在地:東京都港区白金台

設計者HP:https://kkaa.co.jp/works/architecture/zuishoji-temple/

竣工年:2018

プログラム:寺院

構造様式:鉄骨造

延床面積:712.45m²

------------------------------------------------------------------------------------

隠元和尚によって中国より江戸時代に伝えられた禅宗黄檗宗の端聖寺の庫裡を再建した。重要文化財である大雄宝殿から伸びる軸線に注目し、中国の寺院建築独特のデプスを強調した軸性の強い伽藍配置としてある。

軸線の南側にコの字型の一辺が開かれた回廊空間を作ることで地域に開かれることを意図している。中央の水盤にはプラットフォームが用意され、お政などをする舞台として使われる。プラットフォームと回廊とは縁を切り、水盤と切られ浮いているようなディテールとしてある。水盤の存在がより強調されるような印象となる。

様々な建築手法を試しており、失敗作も多いと言われているがこの建築物は万人受けする建築である。細く・消していく鉄骨造の和風建築はありきたりではあるが、空間としての美しさは間違いがない。

鉄骨造であるが、鉄骨は細く消されており、木建築の印象となっている。垂木の梁成が高くすることで、軒裏の梁は消されている。明治神宮ミュージアム根津美術館など「軒裏:木毛セメント板+垂木:先細りの鉄骨」としている場合が多い隈さんの中では軒裏をこのようにしているのは珍しいのではないか。

庇端が低く、中央の池に向かって庇端を低く降ろしている。水盤からの光の反射の跳ね返りが軒裏に映される。自然の情緒を感じさせる操作、大雄宝殿との馴染み、ボリュームを低く抑える構成とすることで、負ける建築を体現しているような建築となっている。

墓地への入口は庇を軒先に向けて上げるようなジオメトリーにしており、開けているような印象となっている。また、床仕上げは回廊はモルタル+砂利仕上げ、水盤は石(又はタイル)仕上げとなっており、それぞれの空間を差異化している。

照明はModulexを採用。

https://www.modulex.jp/projects/161015