知らなければ対策をうてない

まず、情報を集めることが重要。

知らなければ、対策を打つ事ができない。

知らなければ、景色が見えない。

知らなければ、自分の能力が見えない。

 

自分で体感するのと本から得る情報では大違い

今の自分の能力はステータスで示すとオール1みたいな状態。

 

ここから何を伸ばすかが非常に重要。

普通に日本のゼネコンにいれば、人との接し方、社会人としての振る舞い、ディテールを学ぶ事が出来る。

そしたら、それが長所になるのであろう。

 

それがおおよその日本人の長所である。

唯、僕はその道が自分にとって+だとは思わない。

長所を得るべきところは日本人が苦手としている所の方が日本に帰った時に生きると思う。

MADにいた会社に必要とされていた人材

 

・Grass hopperのScriptが出来る。

・Mayaで形を作れる

・仕事をするのが早い

・現場を任せられる

・ディテールに詳しい

 

今、24歳。建築界では若いと言われる年齢。

唯、それも一瞬。すぐに年なんか取る。

 

自分の良い所、得るべきスキルをすぐに分析して、それに絞って勉強を続ける。

これが大切。