喜怒哀楽は激しい方が良い

相手に伝わるから、

語り手の熱量はそこに依存するから。

 

最終的にはデザインは人が決めるから。