「お前なんかもう死んでいる」・「嫌われない毒舌のすすめ」有吉弘行

「社会を上手く生きるコツ」について独自の視点から書かれた本

 

・表面的な付き合いより「本質的なかわいさ」を見せる方がその人をがっつりと捕まえられる場合が結構ある。

・微妙に怒っている人には「ごめんなさい」から入って、「すみません、怒っていますよね」と続ける

・マイナスな印象をもたれている人には周りから固める

・自分の良い話は「言うなよ」と念を押して広める

・誰かを使って間接的に相手をほめる

・仕事が出来る相手には真っ向勝負しかない

・悩みを相談する時は2パターン。ケツを拭いてくれる力にある人への相談と、好感を持たせるための答えの出ないような相談

・相談されたら、長所・短所を説明して相手に決めさせる

・悪口はいいけど、陰口はだめ

・後輩に目をかけるくらいなら先輩にかわいがられろ