チェックすべきこと

Gehry, Zaha, Mad, OMA, BIGが考えていることを理解したい。

 

日本でそこに追おうとしているのは、

Noiz:分野横断的なものに頼る。現代の情報文脈からの思想。

坂事務:木を用いつつ、新しいマテリアルを作ろうとする。木の三次局面を用いるのが和文脈の現代的解釈に繋がる。

だと思う。

 

また、team labも会社の構造として可能性を感じる。

これらの事務所の展望を理解したい。

彼らの考えは必ず自分の脳の一部として機能する。

 

 

メタボリズムについても、つまり新しいことを唱えようとして失敗した先人のことを理解しておくことは非常に重要。自分も新しい運動を作るのだから。