天才!成功する人々の法則

成功は個人の優秀さではなく外的要因に由来することが多い。

→それを自分でコントロールするべきであり、情報社会により情報格差がなくなったため、平等な土俵に立ちやすい。この戦略が今後の進路を分ける。

 

1万時間の法則はほぼ正確であり、成功者は圧倒的な努力をしている。自己の経験を振り返っても、意外と普通の人は怠ける。自分を追い詰めれる人は少ない。どれだけ早く1万時間を積むかが大事。

 

・初めに良い立場に立てば、機会に恵まれて格差はどんどん拡がっていく。勝ち組、負け組の二極化が怒る理由。

 

・基準点以上の知能を持っていれば成功と比例しない

バスケットと同じで一定以上の身長があれば後は別の知能外の要素で決まる。

 

・「誰に何を言うかを理解し、どのタイミングで言うか、そして、どのように言えば最大の効果があるかも承知している」実践的知能と一般的知能は二律背反である。

 

・実践的知能を得るためには、コミュニティでの活動が不可欠。

「成功者は1人では成功しない」

 

・満足のいく仕事に求められるもの

自主性、複雑さ、努力に見合う報酬

 

・成功は文化にも左右される